<夏季休業日のお知らせ>
いつもパンともをご利用いただき、誠にありがとうございます。
当店は土日祝日以外の日程は通常通り営業をしております。
8月11日(木)~8月16日(火)まで休業をいただきます。
※ご注文及びメールでのお問い合わせにつきましては、年中無休・24時間受付させて頂いております。
休業日明けの8月17日より、順次お問い合わせの返信をさせていただきます。
何卒ご了承くださいませ。

店舗紹介|八天堂

創業昭和八年、広島県三原市に本社を置く株式会社八天堂は、和菓子の店としてスタートしました。後に洋菓子、パンの製造・販売を手掛け、長い年月をかけて技術を培ってきました。

そして、その技術を集約して完成したのが「八天堂のくりーむパン」。豊潤なクリームが口の中でとけゆく味わいは、まるでスイーツのような新感覚のくりーむパンです。

もっともっとおいしいくりーむパンができるはず

クリームパンは、もともと八天堂でパンをお創りしていたときから、多くのお褒めの言葉を頂いていたものでした。しかし、もっともっとおいしいクリームパンができるはず。今よりもっと口どけが良く、時間がたっても柔らかい、飽きの来ないパンができるはず。そう考えて3年の歳月を費やし、数えきれないくらいの試行錯誤の末、生まれてくれたのがこの「くりーむパン」です。何度食べても飽きが来ない、そして2個目も食べられる様なあっさりした「お品」に仕上がりました。

八天堂は手作業にこだわります

八天堂は、あくまで”おいしさ”と”品質”を追求し生地やクリームなど、手作業にこだわります。

八天堂名前の由来

初代 森光香は店舗の名前を考える際、地元にある「八天堂」というお堂に関心を持ちました。 「昔から地元にあり親しまれているお堂「八天堂」の様に、自身の和菓子屋も地元から親しまれ、愛されるお店にしたい。」 そのような思いから、初代 森光香は「八天堂」という名前を、そのまま店舗の名前に使えないものかと考えました。

もちろんお堂は地元の人たち皆さんのものですから、勝手に名前を使うわけにはいきません。初代 森光香は地元の人たちに相談をしたところ、どなたも快く「八天堂」という名前を使うことを賛成してくださいました。 そうして昭和八年、広島県三原市に開店した小さな和菓子屋は「八天堂」と名乗ることとなったのです。

ページトップへ